最新投稿

  • 弁護士を支える事務職員が行っている法律事務所の仕事

    法律事務所の仕事は、法律で定められているわけではないので事務所ごとで様々です。
    大まかに分けると三つに分かれています。
    まずは秘書、事務の業務です。
    これは、弁護士が職務に集中することができように職場でのサポートが主な仕事です。
    スケジュール確認をしたり、書類作成、電話対応、を行ったりします。
    また、直接いらしたお客様のご案内やお茶出しなども行います。
    次に、調査業務です。
    しかし、ドラマのシーンで見かけるような仕事は、弁護士が直接行います。
    法律事務職員が直接そのような調査をすることは出来ません。
    非弁活動ということで弁護士法に違反とならない範囲で行わなくてはならず、あくまで、弁護士の補助としての調査業務です。
    主な仕事の例は、必要書類を取り寄せたり、過去の裁判の判例などを調べたり、破産管財事件の債権届出書をまとめたりします。
    事務所の経営も事務職員の仕事です。
    日々の帳簿を付けたり、税金の支払いを行ったり、各職員の給与の計算も行います。

    ハイクオリティのマニュアル制作・マニュアル作成

    交通事故のプロ

    遺留分を侵害されていませんか?

    婚前契約書の意義とは?
    法律にまつわるご相談はお気軽に

  • ドラマとは違う法律のエキスパートこと弁護士の仕事

    ドラマでよく見かける弁護士と実際日本で働いている弁護士の仕事は大きく異なっています。
    実際に行 …

  • 弁護士とは異なる法律のエキスパート司法書士の仕事

    司法書士の主な仕事は、他者の依頼によって、裁判所や警察庁などに、届ける書類を作成します。
    また …

  • 実は数がとても多い法律の種類について

    そもそも法律とは、国によって制定される制約法のことを言います。
    議会を通じて可決の有無を決定し …

  • 法律によって認められた人への勲章、国家資格について

    国家資格とは、国から委託を受けた機関のみが実施する試験を合格し、国に認められた人に与えられる称号を言 …