法律によって認められた人への勲章、国家資格について

国家資格とは、国から委託を受けた機関のみが実施する試験を合格し、国に認められた人に与えられる称号を言います。
この資格を得ることで、法律によって一定の社会的地位を確立させるようになります。
つまり、国家資格を持っているということは、一種のステータスであります。
職場でも、他者からでも、その分野においては信頼が厚くなり、社会的信頼度が高くなります。
 国家資格にも多くの種類があり、自分の目指す、または就いている職場に適した資格を取ることで採用や待遇について有利になります。
逆に資格がないと就職すら不可能な場合もあります。
就きたいところに適した資格を取っておくことは需要になってくることもあります。
 国家資格はジャンルも様々です。
有名な例では、公務員の資格です。
公務員と一概に言っても数多く存在していて、警察官になるための資格、学校の教師の資格、国会議員になって法律を制定する資格など様々です。
大学生が話す公務員とは、主に、一般職試験のことを指しています。
これは、的確に事務処理を行えるかを試され、大学病院や行政庁などへの就職が多いです。