弁護士とは異なる法律のエキスパート司法書士の仕事

司法書士の主な仕事は、他者の依頼によって、裁判所や警察庁などに、届ける書類を作成します。
また、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所で行われる民事事件を、本人を代理して行います。
 弁護士との大きな違いは、弁護士は法律業務をすべて扱うことができるのに対して、司法書士は法律で定められている分野及び範囲のみ扱うことができます。
現在は弁護士の人口が不足しています。
それを補うために、法務省の認定を受けた司法書士、認定司法書士は、一定の範囲で紛争解決業務を扱うことができるようになります。
 司法書士が扱うことができる法律業務は登記、供託です。
登記とは、不動産や船舶などの財産をめぐる権利関係、法人、商人などの資格などについて、一定次項を広く他人に公示することです。
これは原則として当事者によって申請されますが、司法書士が代理になって行うことができます。
供託とは、例えば、地主が突然行方不明になって地代が支払えない状況になっても国にその代金を預けることで支払ったことと同じ効果にすることができる制度です。
司法書士はこの供託の依頼についても取り扱うことができます。