実は数がとても多い法律の種類について

そもそも法律とは、国によって制定される制約法のことを言います。
議会を通じて可決の有無を決定します。
現在、日本では、議員、委員会及び内閣による立案によって作られています。
 実際にどんな内容のものがあるのか。
現在日本では1900以上あります。
その内容も様々です。
有名なところで例を挙げると、印紙税法、栄養士法、科学技術基本法、覚せい剤取締法、刑事訴訟法などがあります。
これらは、すべての人々が快適に過ごせるようにするために作られたルールのようなものと言えます。
 また、これら以外に、昭和45~47年では、沖縄の復帰に関する法律が6つも制定されています。
また、オウム真理教事件に関するものなど、日本を揺れ動かした大事件の後処理や、被害者を救済するための法律なども制定されています。
このように、国民を縛るものだけでなく、国をよくするものから、事件に巻き込まれて不幸になってしまった人を可能な限り救うような法律も存在します。